MENU

FARMIふぁーみ 幸せを育てよう!みくりやグループの社内報

News 旬をおとどけ!

旬をお届け! > みくりや青果
2023.1.11

今が旬!【さつまいも】について学ぼう!!

皆さん、こんにちは!

今回は冬の旬野菜

【さつまいも】がテーマです!

 

最近テレビでも、

スイーツとして

紹介されることが多い

【さつまいも】

 

年間通してスーパーで

目にすることが多いですが、

一般的な食べ頃は

10月~1月頃と言われています。

 

全国各地に60種以上の品種があり、

味・食感の違いも楽しめる

【さつまいも】ですが、

今回は『代表的な品種の特徴』

さつまいもの保存方法』

をご紹介します。

 

 

さつまいもは大きく

3つの品種に分けられます。

その中で代表的な品種、

適した料理をご紹介します☆

 

①ほくほく系

(焼き芋・天ぷら・炒め物・サラダ)

代表品種→紅あずま

 

②ねっとり系

焼き芋・スイーツ・干し芋)

代表品種

→安納芋・紅はるか・甘太くん

 

③しっとり系

(全ての料理に適した

オールラウンダー)

代表品種

→なると金時・シルクスイート

 

 

食感等には個人差があるので、

一概には言えませんが、

お勧めは甘太くんです!

なにより甘くて、

焼き芋が最高においしいです!

是非購入して食べて下さい☆

 

購入した際、

美味しく食べていただくために、

ここで保存方法をご紹介します!

 

会社に入社し、

現場で働いていると

よく「さつまいもは風邪をひく」

と聞きました。

意味が分からなかったのですが、

さつまいもは「寒さに弱い」

という意味でした。

 

なので、

冷蔵保存すると傷みが早くなり、

甘さも少なくなります。

今の時期は、

冷蔵庫に入れないようにしましょう!

 

①水分は避ける

洗わずに、

土が多い場合は土だけ払いましょう。

 

②新聞紙に包む

空気に触れると

腐りやすくなるため、

風邪をひかないように

新聞紙で包み

日の当たらない場所に

置きましょう。

 

 

→保存期間 約1~3カ月

皆さんも、

自分の好みの品種を見つけて、

美味しい「さつまいも」を

食べましょう!

 

投稿者/みくりや青果株式会社 寺本晃将